平成24年25年排ガス試験方法の変更(WMTCモードの導入)

平成24年25年排ガス試験方法の変更(WMTCモードの導入)

自動車基準調和世界フォーラム(UN/ECE/WP29)にて作成された技術基準、排気ガス濃度測定方法(WMTCモード)が導入されました。

■適応車種
○国産型式認定車 :平成24年10月1日以降に型式認定を受けた車両
○並行・逆輸入車 :平成25年 9月1日以降に生産もしくは通関された車両
※並行・逆輸入車の場合同一車両型式であっても通関日、製造日により、二輪車モードとWMTCモードと適応が違う場合があるので注意が必要。
※小型二輪継続検査時にWMTC適応車が排ガス発散防止装置(触媒)を変更した場合、WMTCモード排ガス試験成績書(ガスレポ)が必要となります。

■規制値
モードが異なったため数値が異なるが、平成18・19年排ガス規制値と等価

測定モード:WMTCモード(小型二輪自動車)
単位:g/km 平成24.25年規制
一酸化炭素(CO)3.48
炭化水素(HC)0.36
窒素酸化物(Nox)0.28